読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットビジネス道場

あなたにピッタリのインターネットビジネスが見つかるブログです。「自分の土俵で勝負した奴が成功する!」

ランディングページ作成に使えるコピーライティングの構造

 

 

f:id:ike0077:20170417172509p:plain

 

前回ホームページとランディングページの違いとランディングページの作り方について簡単に触れましたが、今回はランディングページに書く文章、いわゆるコピーライティングについて触れたいと思います。

 

ランディングページの成約率はコピーライティングの出来が9割以上を占めると言っても過言ではないでしょう。よくページのデザインにこだわろうとする人がいますが、デザインなんてジオングの足みたいなものです。

 

大事なのは、お客様が商品やサービスの購入したくなるように購買意欲を掻き立てること。動画やイラストでも訴求効果はあるものの、やはり伝えられる情報量からして文章、つまりコピーライティングがインターネットビジネスのセールス部門のエースと言えるでしょう。動画やイラストはあくまで後方(広報)支援。ガンタンクやガンキャノンみたいなものです。やはりここはガンダムに乗ってビームサーベルでザクをザク斬りにしたいじゃないですか!

 

 

ランディングページの構造

ランディングページの基本的な構造は以下のようになっています。

詳細はこれから部分ごとに説明していきますね。

 

f:id:ike0077:20170417153454j:plain

 

 

ヘッダー画像

 

商品名やサービスがひと目で分かるタイトルつきの画像のことです。商品だったら「商品名+商品の写真」、セミナーだったら「セミナー名+セミナー講師の写真やイメージ画像」などが一般的です。

 

画像やフォントがいじれる人なら自分で作ってもいいですし、そうじゃない方でもココナラ等でお願いすれば安く作ってもらえます。

 

 

 

 

 

 

キャッチコピー

 

商品やサービスに興味を持ってもらうための短い文章です。つかみのところで読者さんに「それって何?」って思ってもらい、メインのボディーコピーに誘導する役割を持ちます。

 

間違って欲しくないのはテレビCMみたいなインパクトのある文章とランディングページのキャッチコピーは別物だということです。

 

短い文章の中で商品情報をおりまぜつつ、いかに読者を引きつけられるかがキャッチコピーのキモになります。

 

といっても難しいので、以下のパターンから考えてみて下さい。お客さんがお金を払ってまで商品を買う動機というのは以下の2つのパターンに分類されます。

 

1.快楽を得るための

2.苦痛を避けるため

 

例えば無添加のお味噌を売る場合

 

快楽を得たいお客様向けのキャッチコピーには「美味しさ」をメインに押し出して行った方がいいでしょう。

 

逆に苦痛を避けたいお客様には「無添加なので体に良い」「病気リスクを軽減」などを押し出していきます。

 

 

ボディーコピー

ボディーコピーは商品説明をしっかり行ない、お客様の不安を取り除くパートです。商品説明もさることながら、「お客様の不安を取り除く」というのが、顔が見えないネットビジネスでは大切なのです。

 

なので「結果」「実証」「信頼」「安心」と段階を経て「アヤシくないですよ~」とアピールしていきます。

 

結果

 その商品を買うことによって「あなた(購入者)」にどんなメリットがあるのかを説明していきます。お味噌だったらキャッチコピーでも使った「美味しさ」「健康」をアピールしてもいいですし、セミナーだったら「セミナー受講後に自分がどう変われるのか」をアピールするといいと思います。

 

実証

 

なぜ、この商品が「あなたに」前述の「結果」をもたらす「理由」を説明していきます。お味噌の場合「ダイエット中にタンパク質を効率的に摂取できます」「具沢山の味噌汁にすれば食欲がないときでも美味しくバランス良く栄養補給ができます」とか、セミナーだったら「インターネットビジネスで本業以外の収入が欲しいあなたに初心者でも始めやすい方法をわかりやすくお伝えします」など。

 

 

信頼

 

結果→実証と文章を読み進んでだんだんテンションが上ってきた読者さんはふと立ち止まってこう思います「あんた誰?」

 

ここであなたの自己紹介をすることによって読者さんの信頼度はグッとあがります。この時点で読者さんはあなたのことが気になり始めています。みなさんもテレビとかで初めて見て気になったタレントさんとかをググったりしますよね。あれと同じです。

 

お味噌などの商品販売であれば商品に対する思い、販売実績、年数、どこで作っているのかなど。

 

セミナーなどの情報系であれば、講師の経歴、そのテーマでの実績、これまでのセミナー参加人数、マスコミ掲載履歴などを入れるといいでしょう。

 

コツは数値化できるデータをなるべく入れていくことです。

 

・販売件数1000万達成

・リピート率99%

・脱サラしてわずか1年で年商1億

・セミナー参加人数のべ1万人

・◯◯テレビの「XXX」という情報番組に取り上げられました

 

最後は数値関係ありませんが、この辺を販売者のパーソナリティに絡めていくと信頼度はグンとアップします。

 

 

 安心

ここまで来てテンション上がりかけの読者さんはふと思います「これって私に効果あるのかな?」。そこで「できますとも!」と背中を後押しする強い文章を入れていきます。

 

例えばお味噌であれば「沢山のお客様にリピーターになっていただいております、一度登録していただければその後はワンクリックでお宅まで配送いたします」とか、であれば「後半は疑問に思ったことをグループコンサルで個別に解消していきます」などなど、読者さんの不安を打ち消して行きましょう。

 

 

 

 

 

クロージングコピー

 

ここがキモの「売り込み部分」です。サッカーで言えばゴール前にスルーパスが出た状態。あとはそこに必至に走りこんで足を出してゴールマウスを揺らすのみです。

 

クロージングコピーで大切のなのは「テンションが上った読者さんに、買わざるを得ない魅力的なオファーをすること」です。

 

例えば美容関係で「90日間ならいくら使っても全額返金します!」っていうのありますよね。テンションがあがっているお客様であればあれをみて「じゃあ買ってみようかな?」って思いますよね。あーゆー感じのオファーを出していきましょう。

 

魅力的なオファーには以下の要素が必ず入っています。

 

・簡便性(早い・簡単)

 

「すぐに届く」「すぐに効果が出る」「誰でも簡単にできる」といった「早くて簡単なこと」に人は飛びつきます。なので「ご注文後24時間以内に発送します」「使った人の8割が何らかの効果があったと報告がありました」「食事制限はせずに、1日1回サプリを飲むだけ」など簡便性を強く打ち出したクロージングコピーを考えましょう。

 

 

・希少性

人は目の前にいつもあるものよりも、希少性の高いものに惹かれます。なので「期間限定」「限定◯個」「本日まで」など希少性を打ち出したコピーはクロージングに有効です。

 

 

・特典

 

人は「おまけ」に弱いものです。既成の商品に付加価値がついて「お得感」が出るのですね。秋葉原のアニメショップがマンガやCDにオリジナルのイラストカードやクリアファイルをオマケでつけるのも「特典戦略」ですね。セミナーや情報商材などでは「メールコンサル1回無料」とか特典用のノウハウPDFをプレゼントなんていうのも多いですね。

 

ちなみに、ビックリマンチョコやAKBのCDなど特典の方に価値が出てしまうものもしばしばあります(笑)。

 

 

・保証

「本当にこの商品を購入して満足できるだろうか?」と迷ってる人に、商品やサービスに不満があった場合の返金・返品などの「保証」をつけて購入を後押しするというかなり強力な手法です。

 

私が学生時代にバイトしていたピザ屋さんは「美味しくなかったら全額返金か新しいピザをすぐにお届けします」という保証をつけていました。ま、保証を使うお客さんはめったにいなかったので保証の制度が浸透していなかった感じはありましたが(笑)。

 

逆に言うと商品に絶対の自身があるからこそできるオファーですので、よく考えて保証をつけましょうね。

 

 

追伸

 

クロージングコピーで結構どぎついことを書くので、そこで終わってしまうと「売り込み感」がハンパないランディングページになってしまいます。イケメンで感じはいいけど、常にビックカメラのハッピで来てるみたいな・・・・・・・。そこでデザート的にソフトな「追伸」をつけることによってソフトランディングをはかるのです。

 

追伸に関しては正直あまり気を使わなくてもいいです。ボディーコピーで書いたことを言い回しを変えたり、商品やイベントの思いを綴ったり、とにかく読者さんをクールダウンさせるのが目的です。ラジオ体操の深呼吸みたいなものですね。

 

 

 

以上、ランディングページ作成に使えるコピーライティングの構造についてお伝えしました。

 

最初に言ったように、ランディングページは文章が9割。あとは各自ランディングページ用のテンプレを探してネット上にアップすれば完了です。

 

テンプレに関してはご自分の使いやすいものを使えばいいと思いますので、ここでは詳しくご紹介しませんが、私の使っているのは「カラフル」というテンプレートです。

 

ワードプレスを使ってランディングページを作っていくのでブログ感覚で簡単にテンプレートができるスピード感が気に入っています。

 

 

 

www.infotop.jp

 

 

特典も保証も何もつけませんよ(笑)。

でも、気になってる人は試してみてね。

 

 

 

では、次回またお会いしましょう!!

 

 

 

メルマガ始めました!

 

SNSとブログの違いがイマイチわからない初心者さんから

 

インターネットビジネスでガンガン稼いでいきたい中級者の方まで

幅広く楽しめるメルマガにしたいと思っています。 
 

 

メルマガ登録は → こちら