読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットビジネス道場

あなたにピッタリのインターネットビジネスが見つかるブログです。「自分の土俵で勝負した奴が成功する!」

私がせどりをはじめたきっかけ(せどりクロニクルその①)

これからしばらく数回に渡って

私、池末がせどりを始め、どのように行動し

パラレルワークへと発展させたのかを書いていきたいと思います。

 

 

私が辿った道のりは

 

これからパラレルワークを始めようと思っている人

会社に頼らなくても自分で稼ぐ力をつけたい人

 

の参考にきっとなれると思うので、しばらくお付き合いください。

 

 

「仕事辞めたい」30代・男(妻子持ち)

 

私はもともと都内の貿易関係の事務所で仕事をしてました。

業務内容は海外を行き来している積荷の管理と営業。

 

積荷が今どこにあって、ちゃんと期日通り目的地につくのかを24時間チェックして

その合間に次の積荷をつけるための営業・折衝を行なっていました。

 

この業務を行なっていたのは、私1名。

何かあっても代わりに手伝ってくれる人はいませんでした。

 

給料は決して悪くなかったんです。

ただ休めない。ε=(‐ω‐;;)

 

24時間積荷の管理を行なうので

夜中寝ている間に携帯に電話がかかってくるのはしばしばでしたし

 

家族と出かけたり旅行に行ってるときも

トラブルが発生したらその場で対応しなければなりませんでした。

 

これが本当に辛かったですね。

休みが休みじゃないというか

楽しみたくても思いっきり楽しめないというか・・・・・・・。

 

そんな生活が長い年月を経て体に表れ始めました。

出社前に襲う吐き気、不眠、ストレスによる過食(これはあまり関係ないかもw)。

 

f:id:ike0077:20170110152355j:plain

 

いつしかノイローゼ気味になり、会社をやめることばかり考え始めていました。

ただ妻子がいる身なので軽率な行動はできません。

 

そこで、まずは副業を始めて自分で稼ぐ力をつけようと思い立ち

ネットや書店で情報収集を始めたんです。

 

 

 せどりとの出会い

株、不動産、FXなど、メジャーな副業は

専門知識とある程度の軍資金が必要になりそうなので

イマイチ乗り気になれませんでした(お金溶かしそうだしw)。

 

そんな中たまたま雑誌に載っていた

「古本を売って月商100万」という記事に目がとまり

本好きだったこともあり軽い気持ちでチャレンジしてみようと思いました。

 

雑誌に載っていたノウハウには

古本をamazonの「マーケットプレイス」で販売する

と(ざっくり言うと)書いてありました。

 

わからないところをネットで検索しながら

なんとかAmazonのセラー(販売)アカウントを作成。

 

見よう見まねで手元にある漫画を出品してみたら

あら不思議! 30分しないうちに即売れしたのです!

 

f:id:ike0077:20170110145438j:plain

 

 

 

これは私にとって衝撃的な出来事でした。

そして「自分が会社の仕事以外でお金を稼いだ」という事実に静かに興奮しました。

しかも読み終えた漫画は定価の100円引きの値段で売れたのです!

 

 

 

ブックオフせどり1年生

 

ブックオフに漫画を売りに行っても、良くて¥50〜¥100程度。

それが自分で商品をamazonに出品して売るだけで¥500以上の値段で売れた。

 

そう。私は気づいてしまったのです

「ブックオフで売っている本をamazonで売れば儲かるんじゃね?」と。

 

これがいわゆる「ブックオフせどり」という手法でした。

(気づいたときは「オレ天才かも!」と思ったけどみんなもうやってたのねw)

 

ブックオフで最安の本は105円(当時)。

amazonで書籍を販売した場合、送料がamazonから当時360円もらえたので

仮に1円で売っても諸経費を引いて利益が出ました。

 

今考えるとすげー時代ですね。ちなみに現在の送料は257円です。

 

とはいえ、いきなりブックオフに行っても仕入れ方もわからないし

そもそもどうやって売ったらいいのかもよくわかってなかったので

まずは家にある処分してもいい本をamazonに出品して

amazonでの商品の売り方を覚えることにしました。

 

この方法は仕入れリスクがないので

せどりを始めようと思っている「せどり1年生」にオススメです♪

 

f:id:ike0077:20170110153407j:plain

 

 

で、本を売っているうちに

即売れする本と売れない本があることに気づいたんですね。

 

調査してみるとすぐ売れる本は

最近出版されて、本屋で平積みされているような話題の本が売れ筋でした。

 

その他売れる本の条件には出品者数や

「amazonランキング」などが絡んできて

仕入れるか仕入れないかを決める基準となってくるのですが・・・・・・・。

 

この辺は次の記事へと続きます。↓

pwork.hateblo.jp

 

【フォローして、最新の更新情報をゲットだぜ!】