読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットビジネス道場

あなたにピッタリのインターネットビジネスが見つかるブログです。「自分の土俵で勝負した奴が成功する!」

マッハ阿部と「阿部塾事件」(せどりクロニクルその⑤)

【前回までのあらすじ】

ケンシロウ達を待ち伏せる悪魔の手。拳法殺しと言われるハートの前に、北斗神拳は無惨にも破れ去るのか!?

『ブラッディクロスを撃て!!秘拳・柔破斬』

「お前はもう、死んでいる」

 

圧倒的な成果をブログにアップしていた「マッハ阿部」

 

ビームの出現により、大量に仕入れが可能となり

月商100万超えのブックオフせどらーが多数登場した2011年前後、

 

彼らの中にはブログにその成果をアップする者も多く出始めました。

その中でも圧倒的な成果と的確な考察で群を抜いて面白いブログを書いていたのが

「マッハ阿部」こと阿部大地郎さんでした。

 

ameblo.jp

 

阿部さんはいち早くビームせどりを導入し、圧倒的な仕入れ量の確保に成功。

最初のうちはバイクで仕入れをしていたのが、そのうち軽自動車を購入し、

あれよあれよと月商数百万のトップせどらーに躍り出たのです。

 

彼のブログは売れた商品紹介や仕入れで気づいたこと、回転率などの考察など

非常に濃い内容で、同業者としてよく参考にさせてもらったことを覚えています。

 

そんな阿部さんのブログの更新が止まり、どうしたのかなと思っていたある日、

「阿部塾」の立ち上げが派手に世に出たのです。

 

 

 

阿部塾とは?

 

「阿部塾」とはざっくり言うと阿部さんのせどりノウハウを

オンラインで塾生に伝授して稼いでもらおうというもので

 

仕入れのために使うビーム(「魔法の眼鏡」と呼ばれていた)を塾生全員に支給。

仕入れたものは塾生専用の配送センターに丸投げという

至れり尽くせりのシステムでした。

 

当時のせどらーたちは阿部塾の概要を聞いて震撼してましたね~。

「オレたちの仕入先が全部阿部塾生に蹂躙されてしまうのではないか」と。

 

f:id:ike0077:20170115165302j:plain

 

かく言う私も阿部塾生の動き次第でブックオフせどりから手を引いて

本以外のジャンルのせどりにシフトしようと覚悟していました。

 

 

「阿部塾事件」その顛末

 

が、フタを開けてみると予想外の結果が待っていました。

応募者が殺到しすぎて阿部塾の運営システムがほとんど機能しなかったのです。

 

全員に支給されるはずのバーコードリーダーと教材DVDは届かず

配送センターは停止状態。

そして業界初の「カード会社からの詐欺認定」を受けてしまったのです。

 

 

f:id:ike0077:20170115165843j:plain

 

その後、返金希望者が殺到し、そちらの対応も後手後手にまわったこともあり

さらにマスコミにも取り上げられたりで

「阿部塾は詐欺だ!」の大合唱がせどり界隈のみならず

お金儲けに関心のある素人さんにまで拡大することになりました。

 

 

阿部塾は「詐欺」だったのか?

 

阿部塾の概要は

 

①塾生全員にビームを支給し

②阿部さんのせどりノウハウをベースに仕入れを行なう。

③仕入れた商品は自分で発送・梱包することなく塾生専用の配送センターに丸投げ

(1冊30円という破格の外注費だったようです)。

 

同業から見ても完璧なコンセプトです。

 

でも、ここに落とし穴があったんですね。阿部塾の入会者の多くは

「せどり未経験のド素人」だったのです。

 

そんなド素人さんたちが阿部さんのバックに控えていた

百戦錬磨のマーケティングのプロたちの作ったセールスレターにつられて

ン十万の大枚をはたいて殺到したからさあ大変というのが事件の真相ではないかと。

 

つまり、コンテンツのコンセプト自体は問題はなく

「売り方」「ターゲッティング」に問題があったのではないかと私は考えます。

 

せどりなんか絶対やったことないだろうというようなトップアフィリエイターが

「再現100%」とか「堅実なビジネスです」みたいなこと言ってましたから(笑)。

 

阿部塾のセールスで行われたのはプロダクトローンチ」という手法で

時間をかけて見込み顧客との接触頻度を増やし

最後に一気にクロージングする手法です。

 

「お金を稼ぎたい」と思っている人たちのリストを大量に持っている人が

数回にわたりセールスレターを発行し顧客に期待を持たせたところで売り込む。

 

 

f:id:ike0077:20170115165944j:plain

 

爆発的に売り上げをあげる手法として数年前に流行ったやり方です。

ただプロダクトローンチで集めた人たちの多くは「ただの素人」なので

 

よっぽど運営を慎重にやらないと

炎上したり、詐欺呼ばわりされるリスクがありますね。

 

 

阿部塾は素人ではなくある程度販売実績のあるせどり経験者に

クローズドで売るべきだったのではないかと思います。

 

それだったら今頃ブックオフせどり業界は

阿部塾の精鋭たちに乗っ取られていたんじゃないかなぁ。

 

ちなみに現在のせどり業界、インフォ業界で活躍されている方は

阿部塾出身の方も結構多いです。なんとも皮肉な話ですね。

 

 

【次回予告】

リンの涙に打たれてレイが跳ぶ!見よ拳王!南斗水鳥拳の真髄を!!

次回、パラレルワーカーズスタイル!

『地獄からの叫び声!せどらーよ、お前は死兆星を見たか!!』

「北斗の掟は、俺が守る」

 

 

 

【フォローして、最新の更新情報をゲットだぜ!】