インターネットビジネス道場

あなたにピッタリのインターネットビジネスが見つかるブログです。「自分の土俵で勝負した奴が成功する!」

ソラさんと「せどらー大百科」(せどりクロニクルその⑦)

【前回までのあらすじ】

再びサウザーに挑むケンシロウ!だが、

その秘められた謎に、北斗神拳は通じるのか!

「乱世の怒りが俺を呼ぶ」

 

 

 

阿部さんと並んで私が注目していたせどりブロガーがもう1人いました。

名前をソラさんと言います。

 

彼の文章は非常に柔らかく、せどりを始めようとしている人に

わかりやすく丁寧に、せどりの情報を伝えようとしているのに好感を持ったんですね。

 

当時私もソラさんもアメブロをやっていたので

思い切ってアメブロのメッセージ機能でコンタクトしてみたところ

意気投合し一緒にセミナーに行ったり、飲みに行ったりするようになりました。

 

彼も私もインターネットビジネスに大きな可能性を感じており

何か楽しいことができるはずと思っていました。

彼といると、すごくワクワクしましたね。

 

そんなある日、ソラさんから「せどらー大百科」という企画をやりませんか?

と持ちかけられました。彼のプランは、せどらーさんにインタビューして

それを月額課金制にして毎月配信するというものでした。

 

阿部塾をはじめとする「せどり塾」は一括払いが主流でしたが

月額課金で少額を毎月会員さんからいただくというコンセプトは

元気玉みたいでさすがソラさんだな~と関心されられた記憶があります。

 

それから僕らはアメブロを中心に面白いな~、会ってみたいな~

と思ったせどらーさんにコンタクトをとって

インタビューOKな方に音声を録らせてもらいました。

 

f:id:ike0077:20170119172633j:plain

 

確かiPhoneの音声録音機能を使った簡単なものだったけれど

何かを教えるノウハウ音声ではなく

その人の今までやってきたことをインタビューしていく音声というのは

当時レアだったと思いますね。

せどらー版「情熱大陸」みたいな感じだったのかも(笑)。

 

ちなみに私は、このせどらー大百科の仕事を通じて

「人にインタビューするスキル」というものが身につきました。

 

ラジオのトーク番組を研究しまくり

そこから自分なりのテンプレを作ることで

どんな人が来ても一定のクオリティでその人に聞きたいこと

その人が伝えたいことなどが引き出せるようになったんですね。

 

このスキルはデカいですよ~。

なんせ会いたい人にインタビューして

音声や動画にするだけで「立派なコンテンツ」として通用してしまうのですから。

 

また、このせどらー大百科のお仕事によって

様々なせどらーさんとのつながりができて

その後の「せどりの情報発信ビジネス」へとつながっていくことになります。

 

ちなみに、せどらー大百科の立ち上げ時には

私とソラさんの他に

ブックオフのビームせどりで毎月200万売り上げてた

「兄貴」こと後のアイリスエンタープライズ社長、平山さんと

平山さんのビジネスパートナーである「VMAX中島」さんも参加し

4人体制で運営することになりました。

 

現場のインタビューは私とソラさん

大まかな舵取りは平山さん

経理など緻密な作業は中島さんが担当することによって

せどらー大百科は最大50名の会員を集めるまでになりました。

 

その後平山社長を中心にアイリスエンタープライズの立ち上げがあり

ソラさんと中島さんはそちらに参加

私は家が遠いこともあり、アイリスには参加せず

個人事業主としての道を歩むことになります。

 

 

【次回予告】

聖帝の謎が、遂に暴かれた!

十字陵と共に崩れ去れサウザー!!次回、パラレルワーカーズスタイル!

『悲しき聖帝サウザー!お前は不良在庫につかれている!!』