読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットビジネス道場

あなたにピッタリのインターネットビジネスが見つかるブログです。「自分の土俵で勝負した奴が成功する!」

怪しい転売系商材の見分け方 その①

f:id:ike0077:20170205183313j:plain

  

どうも! 荒川良々に似てると言われる人です。

 

 

せどり業界に足を突っ込んではや6年。

売り上げを飛躍的に上げた時期

起業をした時期

 

そんな節目節目の直前に私が出会っていたもの

それが物販系の「情報商材」とか「コンサル」といったものです。

 

それらを参考にさせてもらって

売り上げを上げていったり

「よし起業すっか!」と決意したりしましたね。

 

そういう意味では教材製作者、コンサル提供者の

先輩たちには大変感謝しています。

 

これらは、非常に有益なものが多いです。

製作者もガチで自分の経験したノウハウを体系化して伝えよう

そう思っている人がほとんどですよ。いや、マジで。

 

 

でも、中にはアヤシイ商材、コンサルへの誘導

を行なっている人々もいることは確かです。

 

今回はそんな「怪しい転売系商材の見分け方」を

業界6年目の池末が解説していきますよ~。

 

 

チェックその① 「簡単にできる」ことをすごく推してくる

 

そんな楽チンワードを全面に押し出してきてる業者は

要チェックです。

 

 

「1日30分の作業で100万!」

「パソコンの前で全て完結」

 

そんなわけないでしょ!(笑)

 

1日30分の作業で100万稼げるならみんなやってますよ。

その裏で膨大な商品リサーチや失敗を数多く重ねた人のみが

この状態になれるわけです。

 

ズブの素人がいきなりそんな神レベルになれるはずがありません。

お金を稼ぐのはどの業種でも簡単なことではないのです。

まずそこを覚えておきましょう。

 

 

「パソコンの前で全て完結」これはインターネットで

商品を仕入れる「電脳せどり」とか

「輸出入ビジネス」で言われるテンプレですが

 

ネットで商品を仕入れると膨大な量の商品が自宅に届きます(笑)。

それらの商品が入ってるダンボールを空けて

キズ、故障がないか点検して

自分が販売するためのプラットフォームに再び送る。

ダンボールもまとめて捨てなきゃいけない(笑)。

 

これだけでかなりの肉体労働です。

もちろん時間もかなり取られます。

 

なんで転売系ビジネスは基本

インターネットビジネスというより

リアルビジネスに近い、しかも労働集約型産業だということを認識しておきましょう。

 

あ、なんかこれだけで長く書きすぎたので

続きは次回!

 

 

セミナーやります!

 

pwork.hateblo.jp

 

まだお席ありますので、よかったらどうぞ!

 

 

 

 

 

 メルマガ始めました

登録は→こちら

 

ブログの更新情報をお届けします。