インターネットビジネス道場

あなたにピッタリのインターネットビジネスが見つかるブログです。「自分の土俵で勝負した奴が成功する!」

怪しい転売系の商材、コンサルの見分け方その②

やたら月商を自慢してくる

 

f:id:ike0077:20170207181648j:plain

 

まず、「月商」の意味から説明しますね。

転売業界で言われている「月商」とは「月の売り上げ」のことです。

月に100万商品が売れたら月商100万。1億売れたら月商一億です。

 

 

月商とはあくまで商品を売り上げた金額です。

つまり「利益」ではないんですね。

ここ大事。試験に出ます。

 

 

月商から仕入れ代を引いた金額が粗利であり

本来それをアピールするべきなのですが

 

証明するはそれこそ決算書とか見せなければならないので

そこまでせずにわかりやすい

amazonの管理画面のキャプチャ画面とかをみせてるんですね。

 

要するに、月商が1000万だろうが、1億だろうが、

その人が実際どれだけ稼いでいるかはわからないのです。

 

ほとんどの転売情報発信者は真面目にコツコツやってるのでしょうが

中には月商を不正に作り出す輩もいます。

 

 

月商100万の作り方

 

150万円(またはクレジットカード枠)を用意します。

 

で、amazonに出品すると定価で即売れするであろう商品を

実店舗か他のネットショップで150万円分買ってamazonに出品します。

全部売れるとamazon手数料を引いた売り上げ金額が100万を超えます。

 

どうです?カンタンでしょ?

 

ま、普通のせどらーなら100万仕入れて

100万の売り上げだすくらいならカンタンなので

実質0円で、見た目の実績をカンタンに作ることが可能です。

 

要はせどらーは原資があって利益を度外視すれば

いくらでも稼いでいるような月商を作ることが可能です。

(マネしちゃダメよ)

 

なので、月商が数百万、数千万だからといって

素直にスゲーと思ってはいけません。

あくまで額面の数字です。

 

見せかけの月商をアピールしてくる輩にとって

せどりで使ったお金は

自分の商材やコンサルを買ってもらうための広告費です。

 

 

セミナーやります!

 

pwork.hateblo.jp

 

まだお席ありますので、よかったらどうぞ!

 

 

 

 

 

 メルマガ始めました

登録は→こちら

 

ブログの更新情報をお届けします。