読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットビジネス道場

あなたにピッタリのインターネットビジネスが見つかるブログです。「自分の土俵で勝負した奴が成功する!」

インターネットビジネスのメリットとデメリット

 




f:id:ike0077:20170406180120j:plain

 

副業や在宅起業として始めやすい「インターネットビジネス」

 

昨今では各企業も「副業OK」なところも多くなっており、むしろ推奨するような会社さんも増えてきました。

 

また、将来的に一つの会社で稼いでいけるのか不安な方、今の会社を辞めていつか起業したいと思っている方も「インターネットビジネス」という言葉は頭の片隅にあると思います。

 

ではインターネットビジネスってどんなものなのでしょう? 詳しい種類は追々ご説明していくとして、インターネット、パソコン(またはスマホ)を使った個人が行うスモールビジネスをここでは「インターネットビジネス」と定義させていただきます。

 

要はパソコンとインターネット環境があれば、個人で始めることができるビジネス全般です。

 

では、みなさんが気になっているであろうインターネットビジネスは、これまでのビジネスモデルと比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

 

低コストで始められる

これまで起業するとなると、事務所や店舗を借りてそれにともなう事務用品等を買い揃え・・・・・・・と初期費用がべらぼうにかかり、そのための開業費用をコツコツと貯めたり、銀行から融資してもらったりしなければなりませんでした。

 

しかしインターネットビジネスは基本事務所や店舗を持つ必要がありません。自宅にパソコン1台あれば事足ります。実際、自宅の廊下でノートパソコンを広げて作業するところから始めて、インターネットビジネスの成功者になった人もいます。

 

ブログアフィリエイトを始めようと思ったら、最初は無料ブログで十分ですし、amazonせどりを始めようと思ったら、amazonのセラーセントラルに登録することから始まります。こちらも登録無料です。

 

事務所や店舗を借りたり、融資を受けたりすると起業するだけで資金の返済が確定しますが、インターネットビジネスは初期費用がほぼかからないので仮に失敗してもほぼほぼノーリスクですし、上手くいかなければ別のインターネットビジネスにすぐに乗り換えることもできます。

 

 

一人でできる

リアルで起業するには、しばしば事務や営業などの従業員を雇う必要がしばしば出てきます。経営者は毎月従業員に給与を支払わなければなりませんし、ちゃんと働いてもらうためにあれこれアイディアを出したり、叱咤激励したりと何かと人間関係に気を使わなければなりません。

 

会社での人間関係に嫌気がさして起業したのに結局同じことををやっているという人も実は多いのではないでしょうか?

 

その点、インターネットビジネスは先程ご説明したように初期費用がほとんどかからないので気軽に一人で始められます。

 

 

中間マージンをとられにくい

リアルビジネスだと、収益が発生するまでに代理店などにマージンをとられたりすることがしばしばありますが、インターネットビジネスは中間マージンがほとんどないか非常に低いモデルがほとんどです。

 

インターネット物販のプラットフォームで「マージンが高い」と言われているamazonでも10%前後。いずれにせよ、インターネットビジネスを始めるにあたってどこかからバカ高い使用料やマージンをとられることはありません。あったとしたらそれは「詐欺」の可能性があるのでご注意を。

 

即金性が高い

一般的なBtoBの商習慣ですと、支払いは「月末締めの翌々月払い」とかが多く、半年後の支払いなんてケースもザラですが、インターネットビジネスのビジネスの場合、とにかくお金が入ってくるのが早いです。ヤフオクでしたら購入者がお金を払ってから商品を発送するので商品が売れたらほぼ即金でお金が入ってきまし、amazonでも14日間単位で売上を集計して、5~6営業日以内に口座に売上が入金されます。

 

アフィリエイト系は物販系よりも支払いは遅く、一般的に月末締めの翌々月が多いのですが、Google Adsenceは月末締めの翌月下旬払いです(ただし最低支払金額は¥8000から)。

 

リアルビジネスだと起業して資金を回収するまでに時間がかかり、それまでもちこたえるだけの資金力が必要となりますが、インターネットビジネスは上述したように即金性が高いので個人でも気軽に始められるのがいいところですね。

 

 

 

f:id:ike0077:20170406180941j:plain




 




インターネットビジネスのデメリット

いいことだらけに見えるインターネットビジネスですが、当然デメリットもあります。ではどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

 

信用を得づらい

 

簡単に始められる反面、商品を購入する側としては

「アンタ誰? 信用できるの?」

と思う人も多いのも事実。

 

なので、物販系の場合、amazonやヤフオクなど信頼力の高いプラットフォームのシステムをお借りして利用料を払うという方法が一般化しています。

 

アフィリエイトの場合その人個人やコンテンツを信用してもらうまでに時間がかかるので、それまでに継続的に記事をアップし続けるなどの手数を売っていく必要があります(じつはここでくじける人がアフィリエイトではもっとも多い)。

 

 

ライバルが多い

 

ジャンルによっては「◯◯が儲かる!」という情報を聞きつけた人が殺到しレッドオーシャンになっているものもあります。そういったジャンルは当然ながら需給バランス的に供給過剰になるので儲からないか、儲かっても薄利という状態になります。

 

なので、私の意見としてはみんなが「これは儲かる」と言い始めたジャンルには手を出さない方がいいと思います。私の感覚だと、週刊誌が取り上げたらもうアウトです(笑)。ただこいったジャンルは「儲からないからやーめた」と投げ出した人たちががスーッと一斉に引いたあと、また儲かる波が来るのでそこを狙って参入すると稼げたりします。最悪なのは「これは儲かる」という情報に踊らされ続け、レッドオーシャンで疲弊して、利益が出ないどころか、そのジャンルの情報商材とかを買わされまくってお金がなくなっていくタイプの人です。まさかと思うかもしれませんが、結構多いんですよ。そういう人。

 

 

選択肢が多くて何から始めたらいいかわからない

インターネットビジネスは、それこそ思いついた数だけ無数にあります。しかも先程述べたように低コストで始められるので、あれもこれもやりたくなって、結局何を始めたらいいのかわからないという状態に陥りがちです。

 

なので初めてインターネットビジネスをビジネスを始める人は次の3つをチェックしてみてください。

 

1.自分の好きなことか

いくら儲かるからっと言っても、全く興味のないことだと続きません。例えばカメラ転売が儲かると聞いてやってみてもカメラに全く興味がない人がやってみても苦痛でしかありませんし、結果は出にくいです。「ファッションが好き」「アニメ・マンガが好き」など自分の好きなことを棚卸ししてからインターネットビジネスを始めましょう。

 

2.無理なく行えるか

インターネットビジネスを行える環境、それに使える時間というのは人によって違います。たとえば夜9時過ぎまで会社にいて、それ以降の時間でインターネットビジネスを行う人と、失職中で時間がある人とでは作業の進め方が違ってきます。使える時間とそれに伴う負担を検討してから、そのジャンルを始めましょう。

3.始めるのは1ジャンルで、実践する期間を決める

選択肢が沢山あってどれから始めたらいいかわからなくなるのがインターネットビジネス。あれもこれもやりたいと一気に複数始めるとわけがわからなくなり、結局どれも手に付かない状態になりがちです。業界ではこのように知識だけ集めて満足してしまい行動に移さない人を「ノウハウコレクター」と呼びます。これが一番もったいない。

 

そうならないために、インターネットビジネスをビジネスを始めるときは必ず1ジャンルに絞ってチャレンジしてみましょう。そして実践する期間や作業量を決めましょう。

 

例えばamazonせどりを始めたいと思ったら不用品を売ってそのお金で仕入れを行ない、利益が出たらまた仕入れを行うという流れを3ヶ月やってみる。

 

例えばブログアフィリエイトを始めるなら細かくジャンルを絞ってそれに関連した記事を30記事書いてみる。

 

そんな感じで期間や作業量を設定して、結果が出たり面白ければ継続。イマイチだな~と思ったら他のジャンルにチャレンジしてみるのがいいと思います。

 

 

 

 

 

メルマガ始めました!

 

SNSとブログの違いがイマイチわからない初心者さんから

 

インターネットビジネスでガンガン稼いでいきたい中級者の方まで

幅広く楽しめるメルマガにしたいと思っています。 
 

 

メルマガ登録は → こちら