インターネットビジネス道場

あなたにピッタリのインターネットビジネスが見つかるブログです。「自分の土俵で勝負した奴が成功する!」

インターネットビジネスで使える便利な決済方法

 

 

f:id:ike0077:20170421160832p:plain

インターネットビジネスの基本的な収益方法は、ホームページやランディングページに見込み客を集め、商品やサービスを買ってもらうことです。

 

前回まではホームページやランディングページの作り方、その中身であるコピーライティングのお話などをさせていただきました。

 

今回はインターネットビジネスで最も重要な「決済」のお話です。

 

インターネットビジネスは直接お客さんに会ってお金をもらうことはないので、ネット経由で商品やサービスの代金をいただくことになります。

 

amazonやヤフオク、メルカリなどは販売者の代わりに決済を代行してくれますが、自分のオリジナル商品やサービスを自分のホームページやランディングページで販売するとなると、自分でネット決済システムを設置する必要があります。

 

とはいえ、特に難しいことはありません。ネット決済のシステムも一般ユーザーが使いやすいように様々なサービスが出てきていますので、いくつか紹介していきますね。

 

 

PayPal

 

ネット決済の中で現在最もメジャーな決済システムです。購入者はPayPalにアカウント登録して、使用するクレジットカードの情報を登録しておけば、商品を購入する際に相手にクレジットカードの情報を知られることなく買い物をすることができます。購入時に必要になってくるのは購入者のメールアドレスだけというお手軽さ。

 

そして売りてから見て、PayPalの画期的な点は「個人間でもクレジットカード決済のやりとりがPayPalを介してできる」ということです。これまでは法人だけが高い手数料を払ってクレジットカードの決済システムを利用していましたが、PayPalは一件の売り上げごとに─、3.6% + 40円 ( 固定費 )をPayPal側に売り手が支払うだけ。手数料も業界最安値です。

 

売り手としてPayPalのクレジットカード決済機能を利用する場合には、ビジネスアカウントへの登録が必要となります。とはえいえ、必要事項をフォームに記入して身分証をスキャンして申請は終了です。申請後2週間くらいで登録完了のハガキが送られてくるのでそこに記載されている暗証番号をPayPalの管理画面に打ち込めば、その日からPayPalを使って個人でもクレジットカード決済を始めることができます。

 

www.paypal.com

 

 

決済ボタンの作成方法

 

PayPalのマイアカウントにログインから「ツール」→「決済ボタン」を選択。あとは指示通りに進めてけば、決済ボタンのHTMLソースが出てきますのでそれをホームページやランディングページに貼り付けるだけです。

 

f:id:ike0077:20170421154154j:plain

 

 

 

 

BASE

 

無料でネットショップが作れてしまうすごいサイトです。

決済は銀行振込だけでなくクレジットカードにも対応。

 

オリジナル商品、ハンドメイド商品などを売ってみたい人におすすめです。

 

thebase.in

 

 

 Peatix

 

セミナー・イベント主催者用の管理・運営ツールです。こちらもクレジットカード決済対応。また、セミナー・イベントの集客支援も行ってくれます。セミナー・イベントを開催したい人向け。

 

peatix.com

 

 

その他色々とシステムが出てきていますので、試してみて良かったものは逐一このブログにアップしていきますね。

 

 

 

 まとめ

 

インターネットビジネスで究極の形は「自分で商品を開発して、自分で売ること」です。これを行うことによって中抜きされず、利益がそのままあなたの手元に入ってくることになるからです。

 

そのために必要なのが「顧客から直接代金をもらう機能」です。上記のトピックを参考にしていただき、ぜひ自分の決済システムの構築にチャレンジしてみてください。

 

「これいいな!」とポンと思いついたことをすぐにネット上に上げて決済リンクを貼ればすぐに収益化が可能です。このスピード感はインターネットビジネスならではの快感ですね。